ウェルネス歯科 高田馬場

Tel 03-3232-1182
東京都新宿区高田馬場1-33-6 アクセス(地図)
トップページ > インプラント > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

<インプラント手術の手順>

インプラント埋入手術に伴う不自由さ、痛みの程度、およびその継続期間は、臼歯の抜歯と同じくらいと考えてください。
埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し、傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。その後に、ヘッド部を装着しますが、当院で使用しているストローマンインプラントでしたら、この段階で2回目の手術をしなくてすみます。
(患者様の状況によっては、ストローマンインプラントも手術2回法を選択する場合もあります。また、インプラント手術の前に、骨を形成するための手術が必要となる場合もあります)

Step1 診断と治療計画

レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。

Step2 インプラント手術

チタン製の小さなねじのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

ドリルで骨を削ります   インプラントを入れるための孔   インプラントを埋め込み
ドリルで骨を削ります。   インプラントを入れるための孔ができました。   インプラントを埋め込みました。

Step3 インプラントと骨がくっつくのを待つ

インプラントと骨がしっかりとくっつくまで6~24週間待ちます(骨の状態など、様々な条件により異なります)。この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。


埋め込み後くっつくまで待ちます

Step4 歯の装着

ストローマンインプラントの場合、ここで人工歯を取り付けます。手術2回法のインプラントの場合はここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。



ストローマンインプラント

ストローマンインプラントは、ITI学会(International Team for Implantology/インプラント学のための国際チーム)の、医学的理論に基づいた研究と助言により開発されています。
ITI学会は、生体工学、物理学、化学、外科、歯科等の専門のフェロー(評議員)によって構成されたインプラント学の国際研究チームです。骨整形外科分野で50年の実績を持つスイスのストローマン研究所との密接な連携により、インプラント学ならびに歯科学の発展に貢献しております。
製造元であるストローマン社は、国際基準であるISO9001の厳しい規格に適合し、その認証を得ています。


インプラント図 インプラント図 インプラント図
 

施術前 施術後
 



 

""
トップページ
""
医院の特徴
痛くない治療
デンタルエステ
インプラント
特別診察室
院内ネットワークシステム
院内感染予防
全身管理システム
""
院長・スタッフ紹介
""
アクセス・連絡先
""
お問い合わせ
""
スタッフ募集
""